-frame- [株式会社岩根研究所]

| English |

Active Link Vision

オプション機能:津波浸水域表示

ALVシリーズにオプション新機能! 津波浸水域表示

ALV シリーズ(Active Link Vision:ビデオGIS)に津波浸水域のシミュレーション機能が追加されました。(ALVのオプション機能となります)

高さ情報を持つCV映像(CV: Camera Vector)の特長を活かし、水位(例:m単位)を映像上に直接表示することにより、視覚的な水位把握や住民説明が可能となります。

この機能のデモムービーを公開していますので、ぜひご覧ください。ムービーは右側のアイコンをクリックするとご覧いただけます。なお、浸水域の表示はシミュレーションによるもので、実際とは異なる場合があります。

Tsunami シミュレーション


Overview

Active Link Vision - 三次元ビデオGIS -

Active Link Vision

CV映像基本技術を全て網羅した商品がALVです。ALVは様々な技術を組み合わせて利用することが出来る汎用のライブラリを持った商品です。国土交通省において道路管理システムとして採用され、全周映像は国道約1万2千km(※上下延べ)をカバーし、デファクトスタンダードとなっています。

: クリックで拡大

CV値


: クリックで拡大

: クリックで拡大
CV値とCV映像 CV値と映像から抽出された特徴点

CV値とは三次元機能の根幹となるものです。これは、映像の全てのフレームにおいて位置と姿勢の情報を持ちます。また、CV値は全周映像から作成されます。

Go to top

特徴

完全な全周映像

: クリックで拡大

ALVの提供する全周映像はあらゆる角度から見渡すことができ、また動画を再生、逆再生、ズームイン・アウトなど、自由にコントロールすることが可能です。

用例
歩道 河岸 航空写真 遊歩道

死角のない全周映像

: クリックで拡大

三次元映像処理を行う事で、全周カメラの死角(カメラの取付面)の穴を埋め、完全な全周映像を提供できます。

Go to top

三次元情報管理

三次元ビデオGISによる視覚直感的なマネジメント

: クリックで拡大

Active Link Visionは地図、航空写真、図面、原簿などの情報と三次元情報を持つ全周映像を組み合わせることで様々な情報を扱うことが出来る、とても直感的な三次元GISです。

映像内に配置されたCGや実写物をアイコン化して「CVタグ」化することで映像と情報を違いにリンクすることができます。

  • 実写映像による管理
    対象物の周りの状況を映像で確認することができます。
  • 三次元座標による管理
    目標物の抽出(実写もしくはCGの、木、街灯、看板、など)
  • あらゆるデータやシステムともリンク
    データ: テキストファイル、イメージファイル、URLなど
    システム: データベースシステム、他のアプリケーションソフト
Go to top

三次元景観シミュレーション

: クリックで拡大

道路、河川、または都市計画において、ALVを有効活用できます。高い精度の三次元座標をもつCV映像上に3DCGを配置することが可能です。それは現実とバーチャルの完全な融合といえるでしょう。

: クリックで拡大

映像内に配置された3DCGは、移動、回転、拡大・縮小することができ、ユーザーはリアルなビジュアルシミュレーションが可能です。この景観シミュレーションは一例です。

三次元計測


: クリックで拡大

: クリックで拡大
フレーム内計測 フレーム間計測

全周映像からあらゆるフレーム、あらゆるピクセルの座標を取得できます。三次元座標を持つ映像内において、二点の座標を指定することで、実際の距離を測定することができます。

正確な位置決めと簡単な3Dインターフェース


: クリックで拡大

: クリックで拡大
トラッキングモード グリッドモード

トラッキング技術を使うことにより映像内のあらゆるピクセルにおいて、高い精度で三次元座標を抽出できます。そしてグリッドモードでは、3D機能を使用するための簡単で直感的なインターフェースを提供します。

Go to top

二次元GISとのリンク

位置を自在に特定

: クリックで拡大

全周映像にはGPS情報が付加されているため、地図情報ソフトウエアに組み込むことが可能です。ユーザー任意の位置を特定して、映像で視認するという作業を円滑に行えるようサポートすることができます。映像で現況確認できるため、ユーザーが遠方の現場に足を運んだりすることなく必要な情報を得ることができます。

全周映像においては映像内にある物体を位置情報から特定、管理することができます。これにより、資産を映像によるデータベースで管理することが可能です。地理情報システムと組み合わせることで、より多くの情報を管理することも可能です。

サムネイルクリックで拡大表示します。

用途
オルソ写真 図面

その他地図機能

ラスターデータ、ベクターデータをサポート

  • 拡大・縮小表示、水平移動表示などの基本機能
  • 位置検索 : 検索キーワード(地名、住所など)
  • 二次元計測
  • CGの二次元地図への追加表示
Go to top

導入事例

導入事例

資産管理

: クリックで拡大

樹木管理、緑地帯管理、街灯管理、店舗管理など。

道路管理

: クリックで拡大

現況確認、迂回路テスト、事故・災害記録、地下構造物管理など。

交通管理

: クリックで拡大

現況確認、迂回路テスト、事故・災害記録、地下構造物管理など。

河川管理

: クリックで拡大

河川工事計画、河川構造管理、河川状況管理、洪水シミュレーションなど。

鉄道管理

: クリックで拡大

現況確認、地点および距離測定、設備工事計画および管理、証明・案内板管理、事故防止検討、電力系統管理など。

軍事管理

: クリックで拡大

ミッション計画、シミュレーション、セキュリティー管理等。

Go to top
-rightside_tech- -rightside-