-frame- [株式会社岩根研究所]

| English |

Concept

コンセプト

IWANEの企業コンセプトは「地球に愛されていることを実感し、地球を愛する」
人と地球にとってよりフレンドリーな技術開発を志向し、より革新的な製品を世の中に送り出しています。

ご挨拶

前回のご挨拶文(2001年)以降、人工知能に不可欠な対象物の画像認識に先だって、対象物を検出し、認識する前処理として、空間解析こそが重要であると気づき、以後画像から空間を解析する研究開発に徹底しました。その過程の中で生まれたのがCV技術であり、今はその流れの中にあります。

その結果、CGとは異なり情報欠落のない三次元情報を持つCV映像と、それを作りだすシステムを世に出しました。CV画像はそのまま3D地図になり、空間をそのまま三次元に記録していて、そのまま測量システムとなり、いつでも3D座標を呼び出せるツールとなることを発見しました。この事実はまだ一般的に知られていないことから、この新しい見解と技術を世に知らしめる事と共に、CV関連製品を世に出していく所存です。

今後、CV画像という全く新しい3Dツールを未来を創造する 国土基盤事業として位置づけ、日本のみ成らず、世界の各国に提 案していく方針です。 CV技術はWEBにも展開され、当社提案のデジタルパラレルワールドは今で言うスマートシティーにそのまま繋がります。ここに来てやっと時代が追いついてきた観があります。ここにこそ人工知能はその威力を発揮し、人類の新しい時代が始まる予感がします。

我が社はこれからもベンチャー精神を失わず、流行に流されず、 熱っぽく、一筋の道を今後も進んでいく決意です。

代表取締役 岩根 和郎

我が社の姿勢

人類の生み出した新しい新天地、Webをみなさまと共に開拓し、ここに未来の人類の新しい秩序を構築する一助を業務とさせていただくことこそ、弊社の使命と自覚しております。
弊社は現在の主力商品である道路ビデオGISシステムの応用展開を通して、今後様々な商品を産みだします。
さらにこのシステムを普遍的なマルチメディアシステムとして世に送り出します。
次に弊社は二十一世紀に向けて、PRMと名付けた新しい人工知能の技術を研究開発中です。
PRMは二十一世紀のコミュニケーションの革命をもたらす技術として大いに期待して戴きたく思います。

代表取締役 岩根 和郎

Go to top

岩根和郎プロフィール

昭和18年2月4日 宮城県仙台市にて出生
昭和41年3月 山形大学文理学部物理学科卒業
昭和41年4月 北海道大学応用電気研究所に助手として勤務。「ヒトの視覚系の情報処理機構の研究」を行う。更にテレビジョン信号伝送の帯域圧縮技術の研究などの実績を残す。
昭和53年5月 企業化への準備のため、北海道大学応用電気研究所を退官。協力者と共に研究開発を進める。
昭和54年4月 株式会社 岩根研究所を設立。同研究所代表取締役に就任。
現在に至る。
Go to top
-rightside_tech- -rightside-