-frame- [株式会社岩根研究所]

| English |

Iwane Mobile Mapping System

IWANEモバイルマッピングシステム - IMS -

車両で移動しながら道路上のあらゆる情報を撮影するために、堅牢で信頼性の高いカメラシステムと高性能のナビゲーションシステムが連携した岩根モバイルマッピングシステムを提供します。

概要

世界中のあらゆる都市計画において、常に最新の地理情報が必要とされています。これらの地理情報は、地理情報システム(GIS)として公的機関等での利用の有用性を確立していますが、これらの地理情報の収集はコストがかかるのが一つの問題点でした。"IWANEモバイルマッピングシステム (IMS)"を利用すると、ユーザーは広域にわたる地理情報を3次元座標が付加された映像として取得し、そこからオルソ地図、3次元地図、3DCG等が半自動的に作成できます。

利用例

  • 高速道路 - 路面管理および道路構造物等の管理など、3DGISとして
  • 物流 - 迅速で正確な物資運搬ルートの管理など
  • 都市計画 - CG合成機能により環境シミュレーションができ、都市計画に役立ちます
  • 植生管理・計画 : 樹木等の伐採記録や育成記録、管理など
  • 都市モデルの成型 : 映像内の構造物などをツールによりベクタライズデータとして抽出し、都市モデルを成型することができます

特徴

  • 撮影後に実地精密測量の結果を反映させて、精度向上を図れます
  • 絶対精度 : 50mm から 1m (使用するGPS精度に依ります)
  • 死角無しの全周囲動画 : 360°あらゆる方向を撮影可能
  • シンプルで扱いやすいシステム
  • データ処理を行うために必要なソフトウエアを同梱
  • "ALV for ArcGIS"で利用できるデータを出力可能
  • 実写から生成する3DCG ("PCCI")で利用できるデータも出力可能
  • 低価格で、あらゆる環境に対応するコンパクトで柔軟なシステム
  • 日本とタイの拠点でサポートおよび技術支援に対応
Go to top

システム

システム概要

: クリックで拡大表示

撮影例 : ヘリコプター、歩道走行用カート、ボート

IWANEモバイルマッピングシステム(IMS)は、道路周辺構造物の位置検出の精度を高め、1m以下の精度を保つためにGPS受信機と全周囲カメラを使用しています。そしてシステムで利用する車両には、カメラの垂直姿勢の検出および映像内の特徴点を捉えて追跡、計算にするためにGPSと傾斜計を搭載しています。また、本システムはユーザーの要望に柔軟に対応するためにコンパクトで、あらゆる車両に取り付けることが可能です。 IMSは弊社の画像解析技術(CVTechnology)とGPSを利用して自らの正確な位置と姿勢を取得します。そして道路周辺構造物の空間情報を取得することができるようになります。(位置、距離、形状等の属性情報)

ハードウエア

IWANEモバイルマッピングシステムの構成例

  • 360度全周囲カメラ
  • 撮影データ保存用ノートPC
  • オンボードコントローラー
  • インバーター
  • GPS
  • 三脚
  • 傾斜計、ケーブル類など
Go to top

使用

IMSの利用方法

IMS

IMSによる地理情報収集の過程は三段階に分けられます

  • データ取得
  • ワークス-ション作業による映像内各フレームでのカメラ三次元位置の特定
  • GPSデータによる実座標系へのキャリブレーション

サービスの提供

IMSの提供方法の例です。

Go to top
-rightside-