-frame- [株式会社岩根研究所]

| English |

Object Lock On Display

対象物ロックオン表示

対象物ロックオン表示

対象物ロックオン表示

CV映像中の対象物はその三次元座標を特定できるので、映像として移動する対象物を画枠内の任意の位置に固定して観察することが可能です。例えば、移動する映像中の目的の対象物を常に画枠の中央に固定して表示することが可能となります。
また、表示し、観察するだけではなく、常に画像の固定された位置で計測、解析することが可能となります。

: クリックで拡大

Go to top
3D Coordinates

三次元座標

任意点の緯度・経度・高度表示(世界測地系)

三次元座標

弊社の撮影方法の特徴は、カメラ1台とPCのみを搭載できればどこでも撮影可能であるということです。GPSやIMUを必要とせず、カメラのみで行うことができます。

特に、三点以上の基準点を用いてCV映像をキャリブレーションすれば、CV映像内の任意の点を公共座標で表示することが可能となります。当然、撮影時にGPS等を用いることで、公共座標を持ったCV映像も作成可能です。

: クリックで拡大

Go to top
3D Measurement

三次元計測

フレーム内計測

三次元計測

CV映像の各フレームはカメラ位置を持っているので、フレーム内の任意の位置の座標を求めることが可能となり、さらに任意の二点間の距離を計測することが可能となります。

: クリックで拡大

: クリックで拡大

フレーム間計測

CV映像の各フレームはカメラ位置を持っているので、各フレーム間距離は既知となり、さらにフレーム内の各画素は既知となり、任意のフレーム間の任意の二点間の距離が演算で求められます。撮影した映像の全フレームがCV値により三次元空間で関連付いています。

Go to top
Combination of Real image and CG

CG合成

実写映像とCGの合成

実写映像とCGの合成

全周囲映像は、二次元の映像でありながら任意の点の三次元座標を計測する事が可能です。
そのため、計測された任意の点にCGを配置し、CV値から得られるカメラ視点を合わせて表示する事により、全周囲映像と矛盾することなくCGを合成して表示する事が可能です。
配置されたCGは動画が再生された場合も、CV値を共有して表示されることで、周囲の映像に同期してその向き、大きさを変えてあたかも映像の一部であるかのように描画する事が可能です。

: クリックで拡大

: クリックで拡大

サムネイルクリックで拡大表示

CG操作
設置 回転 移動 拡大・縮小
Go to top