ALV2.0

  • デスクトップ版ALVシリーズの最新バージョン
  • 描画能力と運用パフォーマンスが大幅向上
  • 直感操作により、情報の宝庫である映像を様々なシーンで活用可能

移動計測装置(IMSシリーズ)で撮影した映像を活用する
3DGISアプリケーション

全天球映像の表示

視認性に優れた死角のない映像を高速表示

路面に死角の無い全天球映像

路面に死角の無い全天球映像

自車両を自動的に消去することにより、路面の状況を視認することができます。

上下カメラ切替

上下カメラ切替

上カメラから下カメラに切替えると、路面の状況をより至近距離から確認できます。

法面映像

法面映像

スマート点検により斜め上方アングル映像で法面現状を把握できます。

2D地図との連動

現在地点をフリーマップ上に表示

2D地図との連動

・2D地図・映像上の軌跡をクリックして見たい地点にジャンプ
・インターネットとの接続環境において
©OpenStreetMap contributors や
国土地理院の地理院地図と連動

3Dタグによる台帳管理

関連資料を画像にアクティブリンク

3Dタグによる台帳管理

・映像上に施設構造物や行政相談の台帳を3Dタグでピン留め
・デジカメ写真やその他のファイルも格納可
・一覧からのタグ検索により、その地点の映像にジャンプ
・タグの種類は、アイコンタグ、モデルタグ、ラインタグ、ポリゴンタグの4種類からの選択

3次元計測

レーザー点群を用いない画像処理型計測

画像の背景に3次元座標付きのレーザー点群(ポイントクラウド)がある訳ではなく、ユーザーの点指定のリクエストに応じて、カメラの位置と姿勢(6変数)のみから、本来2次元である映像上の各点を3D座標としてその都度瞬時に計測します。

レーザー点群を用いない画像処理型計測

電柱等の高さや傾きを計測できます

計測方法

オート計測

オート計測
映像上の測定したい点を1クリックすることにより3次元測定を行います。
クイックな計測時に便利です。

マニュアル計測(推奨)

マニュアル計測(推奨)
映像上の計測したい点を異なるフレームから2クリックすることにより3次元計測を行います。
エピポーラ機能(補助線)を使用すれば、より正確な3次元計測ができます。

相対計測の誤差

カメラから20m以内の点であれば、エピポーラ機能(補助線)を使って正確に点を取れば、相対計測の誤差は数cmに収まります。

PR動画

ダウンロード

GROUP

  • AQUA COSMOS『もう一つの地球を創る』を企画立案し3Dプラットフォーム上で展開される様々なサービスや事業を支援します。
  • 株式会社 地球データ社『もう一つの地球を創る』のコンセプトに沿って世界中の3Dマップを制作推進し3Dプラットフォームを構築します。

COLLEGIUM

  • CVビジネス研究所CV TECHNOLOGY について関心を持ち、それを様々な分野で活用してビジネス展開しようとする複数の企業や研究機関が所属する任意団体です。

Copyright©株式会社岩根研究所All Rights Reserved. login