-frame- [株式会社岩根研究所]

| English |

Demo Movies

岩根研究所デモムービー

サムネイルクリックで再生します。 Fullscreen ON/OFFボタン: 全画面表示切替

デモムービー一覧

商品 3D PCCI 技術

- 3D PCCI製作の流れ -

機械地図によるAR(拡張現実)

Augmented Reality with Machine Map

ムービー解説

 こちらは、機械地図を利用したAR(拡張現実)のデモムービーです。機械地図は、3Dベクトルマップと名付けられたカメラベクトル画像データベースから自動的に生成されます。このムービーでは、機械地図は、ルービックキューブに対して生成されています。(それぞれのルービックキューブを別の建物と認識しています)

 3次元空間内での機械地図とルービックキューブのマッチングによりモバイルデバイスの高精度な位置決めを行います。カメラ位置の移動後も正確な位置を保ち、機械地図を非表示(バックグランドのみでの稼働に設定)にしても、ペンギンのCGは3D空間の中で正確に動き続けます。

Go to top

機械地図によるリアルタイム映像位置標定

機械地図によるリアルタイム映像位置標定

機械地図とは人間ではなく機械が見るための3次元ベクトル地図です。全周映像を三次元解析し自動的に生成可能です。現実の映像と比較対象することにより従来のGPS等による測位では得られなかった非常に高精度な位置・姿勢の測定が可能になります。また、機械地図に埋め込まれた情報を現実の映像に高精度に重ね合わせることができます(AR,実写カーナビ等)。

» 機械地図によるリアルタイム映像位置標定カタログ

Go to top

PRM(Parts Reconstruction Method)による カードの認識

PRM TrumpAI

これは岩根研究所により作成された、カード認識システムのデモで、PRM技術を示すものです。

PRMとはParts Reconstruction Methodの略で、全く新しい考え方による画像認識変換表示装置です。PRMは画像を、構成する複数の要素として認識し、それを部品に分解し、その部品を送信側の持つ部品庫の中から選択し、その名前と配置をコードとして受信側に伝送します。受信側は、そのコードより、受信側の持つ部品庫から適合する部品を選択した上、三次元的に配列し直し、自由視点で表現します。PRMシステムでは必ず送受信側共に部品庫を持ち、関連するさまざまな部品が3DCGとして用意されています。

本デモでは3次元カメラで撮影されたトランプのカードが、PRMにより部品として認識され、部品庫の中の部品IDと配置に変換された後、サーバーサイドPCからクライアントサイドPCに伝送されます。クライアントサイドPCでは伝送された情報が、クライアントサイドPCの部品庫の情報をもとに、3次元空間にて再構築されます。ユーザーは自由に視点を変更でき、ブラックジャックゲームを行います。

Go to top

超広角映像 - アップデート情報

Super Wide Angle Image 超広角映像デモサイト内、超広角映像のアップデート情報です。(デモサイトは現在メンテナンス中です)

» 超広角映像についての詳細

  • イスタンブール(トルコ) [08/9/12]
  • イスタンブール(トルコ) [08/9/1]
  • アムステルダム(オランダ) [08/8/28]
  • ブレーメン(ドイツ) [08/8/28]
Go to top

Active Link Vision - 3D Video GIS -

Active Link Vision
3次元化映像をバーチャル空間として多様な情報を整理できます

弊社独自の技術である全周囲動画映像からの三次元解析技術を網羅し、様々な機能を組み合わせて利用することが出来る汎用の3次元GIS商品です。3次元情報を持った全周囲実写映像と、地図、航空写真、図面、台帳、写真等様々な情報が、映像内対象物やCGアイコンに付加されたリンクキー「CVタグ」によって相互に組み合わされた、極めて直感的なGISです。システム内部を自由に歩き回り、まるで散策しているかのような気分になることが可能です。

» Active Link Visionについての詳細

Go to top

次世代カーナビ3

次世代カーナビ3

3次元機械地図を利用した次世代カーナビが実現しました。3次元機械地図は人間ではなく機械が見るもので、地図のデータ量を極力軽くし、3次元処理を自動化することで製造の低価格化を可能としました。車載カメラ映像と3次元機械地図とマッチングさせ、高精度車両位置評定を行ないます。また、3次元機械地図は、CV映像から自動的に作成され地図作製の工数も大幅に削減できます。

» 次世代カーナビについての詳細

Go to top

RCG - Real Computer Graphics

Real Computer Graphics

全周カメラを車載、航空機(ヘリコプター等)に搭載し、撮影した全周映像から地形の3次元モデルを作成します。本技術は、GPS、IMUを必要とせず、すべての処理を動画像からのみ行い、正確な3次元モデルを作成できることが大きな特徴です。

  • 全周囲カメラのみを使用し安価でリアリティのある3DCGを作成
  • 映像と3DCGの合成によるわかりやすいコンテンツ提供
  • 全周囲ビデオ映像から視点に応じた最適なテクスチャを選択しよりリアルな表現が可能

» RCGについての詳細

Go to top

技術紹介ダイジェストデモムービー

テクノロジーダイジェスト

岩根研究所のテクノロジーをダイジェストでご覧頂けます。

CV映像⇒撮影方法 ⇒ 全周映像 ⇒ 揺れ止め ⇒ 緯度経度高度表示 ⇒ 3次元計測 ⇒ ロックオン表示 ⇒ 実写映像と3DCGの合成 ⇒ CVタグ ⇒ 実写対象物のアイコン化 ⇒ Active Link Vision ⇒ 超広角映像 ⇒ iiCosmo ⇒ RCG ⇒ リアルタイムCG合成 ⇒ 地図作成⇒次世代カーナビ

» 全てのデモムービーを見る

Go to top

極超広角映像

極超広角映像
進化した広角映像

背面を含めた全周囲360度の広角映像を一画面に表示します。

従来の超広角映像(視野300度)に背面60度を加えた全周囲を表示しています。

こちらの製品は広角映像への加工を受託いたします。

» Read more...

  

極超広角映像 デモムービー

サムネイルクリックでムービーが再生されます。

Go to top

CV座標統合による空撮CGと地上撮CGの結合

CV座標統合による空撮CGと地上撮CGの結合

CV座標統合によって、空撮映像と地上撮影像とから一つの全体CGを生成することに成功しました。CV座標統合は当社によるオンリーワンの技術です。空撮映像と地上撮映像を矛盾なく結合できるのはこの技術を置いて他にありません。

Go to top

Single Viewer

Single Viewer

家庭用ホームビデオ等で撮影した映像からカメラ位置を解析し、3次元情報を取得することにより、映像の揺れ(手ぶれ)を止めたり、CGを映像内に配置することが可能となります。

  • 揺れ止め : 撮影時のカメラの3次元の揺れ(手ぶれ)を高精度で検出し、映像の揺れを止めて表示します。
  • CG合成 : 2次元の映像でありながら、任意の3次元座標を計算することができます。計算した位置にCGを配置し、配置したCGは映像とシームレスに連動します。
Go to top

PCCIから任意視点の実写3Dコンテンツが自由に作れます

ステレオビジョンPCCI

実写映像からPCCIを作成すれば、3DCGと同じ扱いで実写映像3Dコンテンツが自由に作成できます。任意のアイパス(カメラパス)、任意の視点方向、任意の視差、任意のコンバージェンスを自由に設定できます。視点数は自由設定できるので、両眼立体視のみならず、多視点3D方式にも対応します。実写時の映像のCV値からは、実写時と同じカメラパスで、3Dコンテンツを作成できます。
PCCIの可能性がまた一つ広がりました。

» 3D PCCIについての詳細

Go to top

2D PCCI : Programmable Continuous Combined Image (自動連続結合画像)

  • 連続する画像から同一方向の短冊画像を切り取ってつなぎ合わせたもので、無限に長い連続画像が全自動で生成されます。

» 2D PCCIについての詳細

2D PCCIサンプル画像

サムネイルをクリックするとPCCIが開きます。PCCI画像をドラッグしてご覧頂けます。

Go to top
-rightside-