-frame- [株式会社岩根研究所]

| English |

CVTag

CVタグ

三次元CGのアイコン化及び属性登録

CVタグ

映像とCGの合成機能により、目的の対象物に三次元アイコンを貼り付け、対象物をアイコンとして用いることができます。
映像中のCGをクリックすることで、例えば検索した結果をウェブページで表示する等、任意の属性データをCGアイコンに関連付けて付加することができます。

: クリックで拡大

映像内実写対象物のアイコン化と属性登録

: クリックで拡大

映像内の実写対象物は三次元的に特定されているため、そのままアイコンとして利用できます。例えば、属性情報として対象の建物に関するウェブページや写真等を登録し、動画内でクリックして表示させることができます。

Go to top

三次元による資産・情報管理

: クリックで拡大

全周囲動画映像と3次元情報、地図、航空写真、図面、写真等が、動画内のCG等オブジェクトに付加される「CVタグ」により相互にリンクし、非常に直感的なGISを実現しました

CGアイコンのリンク例(クリックでサンプル表示)
写真 ドキュメント Webページ CADデータ データベース
Go to top
CG composition

CG合成

リアルタイムCG合成

リアルタイムCG合成

リアルタイムに映像内の移動体のCV値(位置と姿勢データ)を検出し、それに合わせて3DCGを合成することができます。

リアルタイムCG合成

: クリックで拡大

Go to top
Carnavi

次世代カーナビ

車に搭載されたカメラからのリアルタイム映像から得られる三次元座標と、三次元地図との座標を比較する事によって、GPSを用いずに現在の座標をカーナビゲーションで表示させる事が可能です。
その上、相対位置と姿勢はGPSで得られる情報よりも高い精度であることが特徴です。

相対精度 ±15cm

姿勢精度 0.1度

次世代カーナビ3

次世代カーナビ

3次元機械地図を利用した次世代カーナビが実現しました。三次元機械地図は人間ではなく機械が見るもので、地図のデータ量を極力軽くし、三次元処理を自動化することで製造の低価格化を可能としました。車載カメラ映像と三次元機械地図とマッチングさせ、高精度車両位置評定を行ないます。また、三次元機械地図は、CV映像から自動的に作成され地図作製の工数も大幅に削減できます。

: クリックで拡大

機械地図

: クリックで拡大

機械地図とはCV値に絶対座標をもたせ、3DCG化した地図データ。マッチングを行う際に機械が使用するための地図という意味で「機械地図」と呼んでいます。人間が見るための地図ではないため、テクスチャや無駄な情報が入っておらず、データ量を軽く抑えられるのが特徴です。

リアルタイムCG合成

: クリックで拡大

CV値をもち3DCG化された機械地図には、三次元的にピンポイントで3DCGを配置することができます。ナビ情報や標識、看板、ランドマークなどの3DCGがあらかじめ機械地図上に配置されていれば、車輛がその地点を通行する際に、実写映像上の同じ座標上に機械地図に配置されたのと同じCGをリアルタイム実写映像上に表示させることが可能です。

Go to top

次世代カーナビ2

: クリックで拡大

リアルタイム映像上で正確に位置情報CGをレンダリングすることができます。(三次元地図はあらかじめ組み込まれています)
ドライバーをリアルタイム映像上に表示される3DのCGサイン情報によって誘導する事ができます。

Go to top

次世代カーナビ1

: クリックで拡大

リアルタイム映像と三次元地図の特徴点を比較する事によって、自車の三次元CGを映像内にリアルタイム表示させる事が可能です。
ドライバーは三次元地図上で前方・後方あるいは任意の方向から自車を見ることができます。

Go to top
-rightside_tech- -rightside-